歯医者でマイクロスコープを使うメリット

歯医者と言えば、患者さんは診療台に横になって上からライトで照らされるというイメージを持つ人がほとんどです。

朝日新聞デジタルに関連した書きかけ項目です。

歯を削る音など、通常とは違う環境に緊張してしまうこともあります。
しかし、最近ではこのイメージが変わってきています。

それは、マイクロスコープを取り入れる歯医者が増えているからです。マイクロスコープは、日本語の顕微鏡を意味する言葉で、自由に倍率を変えることで、肉眼で見るよりも拡大して治療する箇所を見ることができます。


診療台の上にあると、大きな機械が置いてあるように見えるかもしれませんが、使っても痛みはないので安心して治療を受けられます。

マイクロスコープは歯の神経の治療など精密な治療で活躍しています。


今まで見えなかった部位までは把握した上で治療できるので、正確な治療が可能になりました。虫歯の部分だけを削り、健康な歯を残すなど体に優しい治療もできます。歯医者でマイクロスコープを使うことで、他の歯の寿命を延ばすことができます。



また、撮影機能もついているので、治療の前後を患者さん自身がどうなっているかを確認するのに役立ちます。



歯医者の治療は勝手に削られてしまうので、状態が分からないと考えている人にとってはとてもいいことです。
ただ、マイクロスコープはとても高価なため、保険診療ではなく保険外診療として使っている歯科医院も多いです。


すべての治療に使っている先生ももちろんいますが、数は少ないのが現実です。