インプラントのメリットとは

インプラントは歯科治療の中でも特に高額な治療となっているため、「わざわざ高いお金を払ってまでする意味がわからない」と言われることがあります。



確かに自由診療であることを踏まえてもインプラントの治療費は高額になりやすいのは確かですが、しかしインプラントには大きなメリットがいくつかあるのです。
まずメリットとなるのは「噛む楽しみを失わない」ことです。
現在歯を失ってしまった人が選べるその他の治療としては部分入れ歯とブリッジ治療がありますが、このうち部分入れ歯を選んだ人の多くは「食べ物を噛む楽しみが薄れた」という感想を抱きます。

これは部分入れ歯となっている箇所では神経への刺激がなくなるために生じることですから、歯茎に直接固定するインプラントであればその噛む楽しみを残すことが可能です。



またこれだけを見るとブリッジ治療でも良さそうなのですが、ブリッジ治療は失った歯の前後の歯も削らなくてはならないという大きなデメリットがあります。
当然ながら削られた歯の寿命は縮むわけですから、ブリッジ治療は一本の歯のために二本の歯の寿命を減らす治療法と言えます。しかしインプラントは他の歯を削ることなく直接顎の骨に埋め込む治療法ですから、喪失した歯の部分だけを治療するということも可能なのです。

まったく新しいマイナビニュースで快適な暮らしを実現しましょう。

こうしたことを魅力と感じられるかどうかは人それぞれですが、少なくとも高額な治療費に見合うだけのメリットはあるといって良いでしょう。